ビオプラッグ・アンカー引き抜き試験      

試  験  日   平成 28年 3月9日          

試験場所   岐阜県美濃市片知1255 株式会社オオノ敷地内      

試験目的   ビオプラッグと鋼製アンカーピン、止め釘の引き抜きに対する強度を検証する。

試験方法   1)のり面にビオプラッグ、アンカーピン、止め釘をランダムに打ち込む  

       2)ひょう量10kgのばねばかりで、各サイズ6ケ所で引抜き荷重を測定する。

                 

試験結果   ビオプラッグL-200は平均値6.45kg、アンカーピンφ9x200は平均値3.55kgであった。

                 ビオプラッグL-150は平均値3.87kg、止め釘は平均値1.57kgでT-100は平均値1.48kg

                 であった。            

考   察     L-200はアンカーピンの約1.8倍、L-150は止め釘の約2.5倍の引き抜き強度があります。

                またT-100は止め釘相当の引抜き強度があります。要因としましては表面積、返し等

                が抵抗となり強度が増したものと考えられます。             

鋼製アンカーピン

φ9x200

 

ビオプラッグ

L-200

 


   ビオプラッグ      アンカーピン・止め釘

     L-200   L-150    T-100       φ9x200  φ5x150

1  6.7   3.5    1.5          3.4      1.3    

2  6.5   3.7    1.2     3.1    2.0

3  7.5   4.5    1.9     4.3    1.0    

4  5.8   3.4    1.6     3.5    1.7    

5  6.2   3.8    1.3     3.8    1.1    

6  6.0   4.3    1.4     3.2    2.3

平均 6.45  3.87    1.48           3.55        1.57

                                                                単位kg


         ビオプラッグ引き抜き試験1年後      

試  験  日   平成 29年 3月30日          

試験場所   岐阜県美濃市片知1255 株式会社オオノ敷地内      

試験目的   ビオプラッグ、打ち込み1年後の引き抜き強度を検証する。

試験方法   1)約1年前に打ち込んだビオプラッグを各6本づつ引き抜く 

       2)ひょう量10kgのばねばかりで、各サイズ6ケ所で引抜き荷重を測定する。

                 

試験結果   ビオプラッグL-200は平均値6.50kg。

                 ビオプラッグL-150は平均値1.20kg、T-100は平均値2.40kg

                 であった。            

考   察     L-200は、ほぼ同等の強度、L-150は約1/3に低下。

                またT-100は約1.5倍の引き抜き強度でした。返しの影響で引き抜き強度が保たれているようです。

                 

               L-200        L-150       T-100
              L-200        L-150       T-100      1年後      1年後      1年後
1 6.7 3.5 1.5 9.5 1.1 2.0
2 6.5 3.7 1.2 7.8 0.8 3.8
3 7.5 4.5 1.9 5.5 1.2 2.3
4 5.8 3.4 1.6 5.1 1.5 3.1
5 6.2 3.8 1.3 3.5 1.2 1.8
6 6.0 4.3 1.4 7.6 1.4 1.4

  平均

6.45 3.87 1.48 6.50 1.20 2.40
                             単位kg