ビオプラッグ®

伊吹山 環境保全事業

環境にやさしい製品です。

 

 琵琶湖国定公園の伊吹山において、米原市役所様発注の環境保全事業で、鳥獣被害にあった山腹から山頂にかけて降雨による土砂流出を防ぐため、大学の先生のご指導のもと学生さんが麻のネットを敷設し、ビオプラッグL-150で留めました。

 

ビオプラッグは、植生マット、植生シートを止めるアンカー

及び釘に代用する生分解プラスチック製アンカーピンです。

植物由来の樹脂であるため十数年で劣化し、微生物により水と二酸化炭素に分解します。従来のアンカーより軽く、

植生後の除草作業(草刈等)も安全に行うことができます。

 

 

生分解性プラスチックの定義

①Photo‐Degradable Plastics : 太陽光との化学的反応による分解機構

②Oxidatively‐Degradable Plastics : 温度等の酸化反応による分解機構

③Hydrolytically‐Degradable Plastics : 加水分解反応による分解機構

④Bio‐Degradable Plastics : 微生物の自然消化作用による分解機構

国際定義:「上記のカテゴリーの中で最低1種類(複数可)の分解機能を有し最終的に水と

二酸化炭素などの無機物に分解される過程が測定されるプラスチックは全て分解性プラスチックである。」